相手をその気にさせる

相手

不倫サイトを利用している女性の100%が必ずしも不倫をしているとは限りません。
不倫に興味があったり、実際には不倫をする勇気はないけれどメールのやり取りをして気分だけでも
不倫をしている気分になれたらと思って利用している人も交じっているのです。
暇な時間を潰すためだったり、モテる気分を味わうためだったり、また普通のサイトではなかなか同世代の人との
出会いがないためにこうゆう不倫サイトだと30代〜40代の同世代の人と知り合えて楽しいという気持ち
なのかもしれません。つまりメールのやり取りで満足してしまう人もいるわけですが、
不倫目的の男性はそんなメールで満足なんて出来ません。
実際に会ってがっつりとセックスをしたいわけです。
ただ相手が会うつもりもないのにいきなりホテルに誘ってもそうそう上手くいくわけがありませんから
相手をその気にさせる必要があるのです。
いきなりセフレではハードルが高いかもしれませんから、日常の愚痴を聞いてくれる友達のポジションから狙いましょう。
そして旦那さんが出張などで夜に家を抜けれる機会があればすかさずに飲みに誘うのです。
その時も下心を出さずに、メールをするのがすごく楽しいからぜひ実際にも会っておしゃべりを楽しみたいんだという
スタンスで接しましょう。
人妻もホテルでセックスをするのは抵抗があっても夫がいない時にちょっと異性の友達と
お酒を飲むぐらいの自由は許されるだろうと誘いにのってくれるかもしれません。
そしてお酒を飲んで楽しくおしゃべりをして、お酒の勢いでそのままホテルでセックスをする。
一度セックスをしてしまえばその後何回セックスをしても同じ事だと割り切ってくれる人妻は案外多いものです。

昼休みに新しい楽しみを

昼休

昼休みは職場の近くで安くてうまい定食屋さんへ行って、残りの時間は仮眠する。
そんなサラリーマンも多いかもしれませんが、昼休みがくるのが待ち遠しくなるような
そんな昼休みを過ごしてみませんか?
これはあるサラリーマンの不倫体験談です。
男性は不倫サイトで1人の人妻と知り合いになりました。
人妻は男性の会社から近いところに住んでいて昼休みに抜けて会いに行く事が可能です。
やはり相手は人妻ですから平日の夜や土日の昼間に家を頻繁に抜けるのは難しいですよね。
最初は同窓会が・・・とか、友達がこっちに遊びに来ているから観光に付き合おうかとなんて
理由をつける事が出来ても急に頻繁に家を抜けるようになると怪しまれる恐れがあります。
不倫をしている事は絶対にバレていはいけない事ですから、いつもと違う事は極力しないに
こした事がありません。なので昼間にランチデートをする事になったのです。
昼間なら旦那さんは仕事へ行っているので数時間ぐらい家を抜けても気づかれる心配はありません。
それに男性の方も営業職なので、日中に多少の時間は融通がつきます。
なので仕事があまり忙しくない日にはランチデートをしてそのままラブホへ行き
食後の運動としてセックスをする日々を過ごしています。
おかげさまで仮眠をしていた頃よりも健康的で精力的になり、仕事も短時間で効率よくはかどるように
なりました。それにホテル代も平日の夜や土日と比べて平日の昼間はあまり利用者がいないために
サービスタイムになっていて綺麗で女性受けのいいラブホテルでも安い価格帯で利用する事が出来る点も
気に入っていますし、また人が仕事をしている時に自分はセックスを楽しんでいるという背徳感が余計に
セックスを盛り上げるのかもしれません。

不倫サイトはシンプル

シンプル

不倫サイトのサービス機能は非常にシンプルな作りが多いのが特徴です。
不倫サイトは運営費にお金をかけてないの?などと思うかもしれませんが、
不倫サイトのサービス機能が充実している必要がないからシンプルな作りになっているのです。
出会い系サイトであれば、マイページにアルバム機能として何枚も画像を貼り付ける事が出来る機能があったり、
日記を作成して公開する事が出来るブログのような機能があったりします。
これらはメールのやり取りをする前にそれらを見る事でその人がどんな事が好きでどんな事に興味があり、
どんな性格の人なのかその人自身が分かるようになっています。
恋愛をする上で相手の事をよく知る事は大切な事ですし、共通の趣味や共通の話題が見つけられる可能性もあります。
しかし不倫サイトでは別に相手を好きになる必要がないわけですから、相手の趣味や共通の話題を探す必要はどこにも
ありません。ただお互いがセックスをする相手を探していて、どこで会えるのかいつ会えるのか、
それが分かれば十分なのでプロフィール以上の情報をお互いに欲していないのです。
それに恋愛と違い駆け引きなども必要ありません。なので数回のメールのやり取りで会うのか会わないのか決めるだけです。
サービス機能を充実させたところでそれらの機能を使う必要がないのであればサービス機能を必要な分のみで
シンプルな作りにして運営費の削減をした上で、サイト利用料を安くした方が利用者にとっても嬉しいですよね。
つまり利用者の目的に合わせてサービス機能は必要なものがついているのであって、余計はものは必要がないのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.